TOP > コラム > サッカーの指導は長い道のり。プロに到達するまでに必要な段階的学習

サッカーの指導は長い道のり。プロに到達するまでに必要な段階的学習

サッカーサービスのダビット・エルナンデスです。我々は日本サッカー協会のプロジェクトコンサルティングディレクターを務めるほか、日本で様々な活動を行っています。2011年には『知のサッカー』という指導者向けDVDを出しました。その中で、主に『トレーニング初期』と呼ばれる14歳頃までの選手に対して、いつ、なにを、どのように教え、トレーニングをしていくべきかについて、実践的な練習メニューを紹介しています。

サッカーの指導は、長い道のりです。最終的にプロに到達することを考えると、トレーニングのレベルを4つに分けることができます。6~13歳までの『トレーニング初期』、14~18歳までの『専門的トレーニング期』。さらには18~23歳、そして23歳以上と段階を経て、サッカーを学んでいく必要があると考えています。

77AL0230.JPG

■選手のレベルに合った最適なトレーニングを行う

大切なのは年齢ごとに段階を経てステップアップすることです。トレーニング初期を飛ばして、専門的トレーニング期に入ることは、選手の成長から見ると良いことではありません。例えるなら、足し算、引き算を理解していないのに、方程式の解き方を教えるようなものです。

段階を経て指導をし、選手が成長していくことは理想的な姿です。しかし、現実は理想通りにいかないこともあります。たとえばU-15のチームを見ているとして、チームの中には段階的にサッカーを学んできて、『専門的トレーニング期』にスムーズに入ることができる選手もいれば、その年代までに身につけるべきことを教えてもらっておらず、『トレーニング初期』から始めなくてはいけない選手もいるでしょう。

そこで重要になるのが、その選手のレベルに合った最適なトレーニングをすることにあります。指導の際に重要なのは、すでに知っている内容に近いもので、少しレベルの高いものを教えること。専門的トレーニング期の選手とトレーニングをするのであれば、トレーニング初期で行った練習との共通点を理解してもらうことが大切です。

■段階的に専門性を高めていく

たとえば『FWのサポートの動き』をテーマにトレーニングをするとします。4-4-2システムで、1人のFWが前目にポジションを取り、もう1人のFW(セカンドトップ)が下がり目の位置でサポートをします。セカンドトップの選手は、相手のDFとMFの間にポジションをとりながら、もう一人のFWをサポートする動きをすることが重要な役割となります。

トレーニング初期で『サポートの動き』を身につけているのであれば、選手は「どのような身体の向きでサポートしなければいけないのか」を知っています。そこで、セカンドトップへのアドバイスとしては、「相手のCBが自分のマークについてこないのであれば、DFラインとMFラインの間にポジションを取り続けよう」です。

ss1.png

一方、CBが前方へ出てくるのであれば、MFのラインまで下がるのが良いでしょう。なぜなら、CBを最終ラインから引き出すことができるからです。自分がボールを貰う位置にはいませんが、そのような動きをすることによってできたスペースを、もうひとりのFWが使うのです。

ss2.png

ここで紹介したセカンドトップの動きは、サイドバックの選手には指導しません。なぜなら、サイドバックには必要のない、専門性の高い動きだからです。『トレーニング初期』でサッカーに対するベースの部分を身につけ、次のステップである『専門的トレーニング期』では、ポジションごとの役割やポジションごとの基礎を身につけていきます。それこそが、段階を経てトレーニングをすることなのです。

次回の更新では、どのようなトレーニングを通じて、セカンドトップの選手にサポートの動きを身につけさせるかという、練習メニューとトレーニングの組立を紹介したいと思います。


david.JPG
footer_logo_ss.jpg
ダヴィッド・エルナンデス・リヘロ/ David Hernandez Ligero
サッカーサービス社代表。2012年より日本サッカー協会プロジェクトコンサルティングディレクターを務めるほか、2010年より、日本のジュニアからJリーガーまでの指導・コンサルティングを実施。カタルーニャサッカー協会副テクニカル・ディレクターやVic大学「フットボール方法論」教授などを歴任し、プジョルのパーソナルトレーナーを務めた経験を持つ。


【PR】2,700名以上の指導者が学んだサッカーの教科書
FCバルセロナのカンテラや、世界各国において多くの指導者を育ててきた世界的プロ育成集団「サッカーサービス社」。彼らが提唱する6歳~12歳までの頭の成長に応じた指導計画や、選手のインテリジェンスを高める32の練習メニューを紹介。「知のサッカー[第1巻]」 好評発売中!

自宅にいながら “プロの指導法が学べる” コーチのための会員制オンラインセミナー コーチユナイテッドアカデミー 充実した講師陣による多彩なセミナー

  • JFA技術委員長
    霜田 正浩 氏

  • 湘南ベルマーレ監督
    チョウ キジェ 氏

  • 大学全日本選抜監督
    神川 明彦 氏

  • アヤックス アナリスト
    白井 裕之 氏

動画1本 無料視聴キャンペーン!

「興味はあるけどいきなり入会は不安」「実際にどんな動画セミナーが受講できるのか見てみたい」,そんなあなたに 簡単なフォームからお申し込みいただくだけで,セミナー動画1本分を無料プレゼント!!

“自ら考え行動する選手”を育てる指導法で、公立校を全国制覇に導いたボトムアップ理論"を全て解説

サンプル動画

【無料】動画のお申し込みはこちらから