TOP > コラム > ジダンのようなボレーシュートを打つ3つのポイントと練習法

ジダンのようなボレーシュートを打つ3つのポイントと練習法

※サカイク転載記事(2014年10月31日掲載)※

10月29日に行われたドイツ杯、ドルトムントに所属する香川真司はFCザンクトパウリ戦で1ゴール1アシスト。72分に見せた軸足のうらを通す浮き球のトラップは、現地ファンから「ジダンみたいだった」と称賛されました。

さて、ところで読者のみなさんは、このジダンという選手をご存知でしょうか? その高いテクニックとボールコントロール技術から『宇宙人』と形容されることもあった、フランスを代表する攻撃的ミッドフィルダーです。今回は、彼のエレガントなプレーの秘密を紐解いていきましょう。UEFA.comの映像とともにお届けします。(翻訳・構成/永田到 参照記事/UEFA.com

20150305.JPG

■ボールをしっかりと見ること

すでに引退し、現在はレアル・マドリードの下部組織レアル・マドリード・カスティージャで助監督を務めているジダンは、現役時代に攻撃的ミッドフィルダーとしてクラブでもフランス代表でも活躍してきました。チャンピオンズリーグやワールドカップといったタイトルをチームにもたらし、個人としてもFIFA最優秀選手賞やバロンドール等を受賞してきました。

フランス代表のチームメイトとしてジダンと一緒にプレーしてきたカランブーは、ジダンを次のように絶賛します。

「まちがいなく彼は天才ですね。あらゆるプレーやボールコントロール、動きがとてもクレバーで効果的です。ぼくたちは、彼が一緒なら試合に勝てるという確信がありました。彼はピッチでつねに違いを生み出すことができます。一緒にプレーした中でもっとも素晴らしい選手ですね」

輝かしいジダンのキャリアの中でもひときわ高く評価されているゴールが、レアル・マドリードの選手として出場した2002年チャンピオンズリーグ決勝、バイエル・レバークーゼン戦で決めたボレーシュートです。米メディアのCNNは、2009年に発表した『歴史上最高の11ゴール』の中で、このゴールをトップ3に挙げており、次のように述べています。

「怒涛のオーバーラップを見せるロベルト・カルロスがクロスをあげる。左サイドから、まるでグラスゴーの空から降ってきたかのように落ちてきたボールを、16.5メートル離れた位置から一心に見ていたジダンが、その左足で完全に捕らえる。ボールはカーブをえがいて見事にゴールに突き刺さった」

同メディアのニール・グラハム記者が「テクニックがもたらした奇跡。このゴールがジダンのすべてを言い表している」と賞賛するこのボレーシュートは、どのようにしてもたらされたのでしょうか。

カランブーはプレーの基本として、体と頭の位置が重要だとした上で、ボールをしっかりと見ることが必要だといいます。

「サッカーはボールが全てであり、ボールこそサッカーそのものなのです」

■軸足はゴールに、上体はボールに向ける

「ロベルト・カルロスがボールを持って左サイドを走りこんで来たときに、ジダンはボールの位置を視界にとらえている一方で、ゴールの位置もしっかりと視界に入れていました。ゴールを決めるためにね。しかし放り込まれてきたクロスは、ジダンの身体よりも後ろ側に向かってきました。そこで彼は一度バックステップし、身体を改めてボールのほうに向けました。彼の周囲に相手ディフェンダーはいなく、ボールの動きだけに集中することができました。パワーを溜め込んでボールを蹴り込んだのです」 「インパクトにおいて、ボディバランスはとても重要です。軸足はゴールの方向(=ボールを蹴りたい方向)にしっかりと向けておいた上で、上体は自分に近づいてくるボールに向けておくようにする。そしてインパクトのタイミングで、全身がゴールを向くように身体をひねります」

興味深いのは、ジダンがシュートのインパクトを終えた直後から、次のプレーにすぐ移行できるように(そしてゴール前でのチャンスを逃さないように)、ゴールに向かって走り出す体勢を整えている点です。もしシュートが相手ゴールキーパーにはじかれることになっても、こぼれ球を押し込んでゴールできる可能性が高まります。

「彼は自然な動きの中で蹴り足を出せています。ボールを自分の足で蹴っていることで、軌道を把握できているので、インパクトの後すぐに、ボールが向かっている方向へ走り出すことができます」

■ジダンになれる? ボレーシュートのトレーニング

ボレーシュートを「もっとも難しいテクニックですね」と語るUEFAのインタビュアーに対して、カランブーは初心者でもできるふたつのトレーニングを提案します。ひとつ目は以外にも、多くの大人が子どものころに楽しんだであろう『壁当て』です。まずは力を抜いたキックで壁当てをして、インサイドとアウトサイド、インフロントとアウトフロント、さらにはインステップといろいろな蹴り方をくりかえし試すことで、力の入れ具合や、足の当て方によってボールの動き方が違うことを学びます。

もうひとつはリフティングからのボレーシュートです。ボールをリフティングと同じ要領で蹴り上げていき、3回ほどボールを蹴る、打つ感覚がつかめたタイミングでシュートを打ち込むといいと言います。

「とても感覚的なもの、毎日やってもらいたい。少しずつ力の入れ方をつかんでいって、最後にゴールに向けてシュートして終わるんだ」

こうしたトレーニングをしっかりと継続していくと、整ったフォームからゴールを奪い取る、綺麗な弾道のボレーシュートが打てるようになるでしょう。

自宅にいながら “プロの指導法が学べる” コーチのための会員制オンラインセミナー コーチユナイテッドアカデミー 充実した講師陣による多彩なセミナー

  • JFA技術委員長
    霜田 正浩 氏

  • 湘南ベルマーレ監督
    チョウ キジェ 氏

  • 大学全日本選抜監督
    神川 明彦 氏

  • アヤックス アナリスト
    白井 裕之 氏

動画1本 無料視聴キャンペーン!

「興味はあるけどいきなり入会は不安」「実際にどんな動画セミナーが受講できるのか見てみたい」,そんなあなたに 簡単なフォームからお申し込みいただくだけで,セミナー動画1本分を無料プレゼント!!

“自ら考え行動する選手”を育てる指導法で、公立校を全国制覇に導いたボトムアップ理論"を全て解説

サンプル動画

【無料】動画のお申し込みはこちらから