TOP > コラム > コーディネイト力の高い人=優れた指導者。畑喜美夫が語るボトムアップ理論

コーディネイト力の高い人=優れた指導者。畑喜美夫が語るボトムアップ理論

2014-04-06 11.01.46.jpg

 サッカー界のみならず、他競技、教育界を席巻するボトムアップ理論。コーチユナイテッドでは、ボトムアップ理論の先駆者、広島・安芸南高校サッカー部畑喜美夫監督にお話をお聞きしました。オンラインセミナーではここでしか聞けない最新のボトムアップ理論、実践方法を収録しましたが、今回は収録時併せて行われたインタビューをお届けします。

 >>畑喜美夫先生が出演するオンラインセミナーはこちらから<<

■サッカー経験がなくても、ボトムアップならできる
――サッカー界だけでなく、スポーツ界、日本全体を変えるような動きを見せているボトムアップ理論ですが、もともとどういう発想からボトムアップという考え方に行き着いたのでしょう?

 一番は私が育った大河FCの浜本敏勝先生から受けた指導ですね。勝利至上主義が当たり前で、勝って怒られ、負けても怒られという時代に、先生は「自分で考える」ことを徹底されていて、強制したり命令したりするのではなく、そのときそのときで、どうしたらいいか自分で考える力を鍛えてくださった。それが、自分の中の大切な軸になっています。

 こうした考えがもともとあって、そこで自分が教員になって、女子バレー部を二年、男子バスケットを二年受け持つ中で「大切なのは技術論じゃなくて組織論じゃないか?」ということに思い立って、そこからどんどん「子どもたちの良さを引き出す」「子どもたちのコーディネイトに任せる」という方向になっていきました。

――畑先生は「サッカー経験がない人でもボトムアップならばできる」とよくおっしゃっています。

 私はずっとサッカーをやってきましたから、バレー部とバスケ部のときは、技術や戦術は教えられなかったんですよ。でもそのなかで、そういうことを上から教えなくても、選手たちは上達していって結果を残すようになりました。自分でもこれは良いなあと思ったのは、子どもたちが自分たちで考えてくれて、チームを構築してくれること。引き出すサポートさえしっかりやれば、その競技の素人でも構わないと確信しました。

 野洲高校の山本佳司監督なんかはアマチュアレスリングの選手ですよね。山本先生を素人と言ってはもちろん失礼ですが、競技よりもコーディネイトする力が高い人が優れた指導者と言えると思います。

2014-04-06 11.01.42.jpg

――「コーディネイト」という言葉も先生が良くお話になるキーワードですね。

 洋服を着るとき、部屋の模様替えをするときと同じように自分の生活、時間、サッカーをコーディネイトする。選手たちにこうした力が身につけば、トップダウンで「ああしなさい」「こうしなさい」という必要がなくなります。いい選手を集めなくても子どもたちの能力を認めて、一人ひとりの能力を引き出せば十分強豪校と戦っていけるんですよ。

――「トップダウンの方が難しい」ともおっしゃいます。

 実はトップダウンは指導者にとって厳しいんですよ。サッカーのことを知り尽くして、何でも知っている、全部教えられるようにしないと選手たちに応えられない。指導者自身にサッカーの力がないと伝えていけなくなるんです。

 僕にだってできないことはたくさんあります。その部分は選手のなかでできる子に任せて、適材適所で役割を与えていく。監督から教えてもらう、言われたからやるんではなくて、みんなで補い合って高め合っていく。指導者は"ファシリテーター役"になって、お互いに伸びていくことが大切です。

――コーチの方もサッカー技術の勉強は割と取り組みやすいと思うのですが、ファシリテーターとしての能力、コミュニケーション能力を高める努力はしようと思ってもなかなか取り組めないのではないかと思います。どうやったらこうした力を高められるでしょう?

「現場」ですよね。現場が一番です。子どもたちのプレーしているグラウンドに行って、子どもたち一人ひとりの顔を見て、日々起きることに取り組んでいく。"リアリティのある現場"が一番の勉強の場です。コーチや監督も悩むことはあると思いますが、答えはいつも選手たち、子どもたちにあります。だから大切なのは問いかけですよね。

 これからこういう指導をやってみようという人は、子どもたちへの問いかけを忘れず、前向きな姿勢で取り組めば、たとえサッカー経験がなくても、指導者経験がなくても素敵なチームができると思います。
 
 素敵なチームというのは、決して一番を取ったチームだけを指すのではありません。勝利はもちろんですが、見ても、やっても素敵なチーム。こういうチームをサッカーという一つのツールを使って日本中に増やして欲しいと思っています。

 >>畑喜美夫先生が出演するオンラインセミナーはこちらから<<

2014-04-06 11.49.51.jpg

■畑喜美夫(はた・きみお)
 1965年広島市生まれ、広島県立安芸南高等学校教諭。小学2年生から大河サッカークラブにてサッカーを始め、東海大一高(現・東海大学付属翔洋高)に越境入学。順天堂大学時代にソウルオリンピック代表候補に選ばれるも、腰の負傷により辞退。卒業後は現役を引退し、廿日市西高の体育教師を経て1997年に公立の広島観音高校サッカー部に赴任。

 2005年、同校にて全国高等学校サッカー選手権大会にて準々決勝進出、2006年には全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会にて広島県勢初の全国制覇を達成したことで、一躍そのボトムアップ理論が注目を集めた。著書に『子どもが自ら考えて行動する力を引き出す 魔法のサッカーコーチング ボトムアップ理論で自立心を養う』、『「強いチーム」をつくる ~「ボトムアップ理論」による企業の組織作りとは~』がある。

 >>畑喜美夫先生が出演するオンラインセミナーはこちらから<<

自宅にいながら “プロの指導法が学べる” コーチのための会員制オンラインセミナー コーチユナイテッドアカデミー 充実した講師陣による多彩なセミナー

  • JFA技術委員長
    霜田 正浩 氏

  • 湘南ベルマーレ監督
    チョウ キジェ 氏

  • 大学全日本選抜監督
    神川 明彦 氏

  • アヤックス アナリスト
    白井 裕之 氏

動画1本 無料視聴キャンペーン!

「興味はあるけどいきなり入会は不安」「実際にどんな動画セミナーが受講できるのか見てみたい」,そんなあなたに 簡単なフォームからお申し込みいただくだけで,セミナー動画1本分を無料プレゼント!!

“自ら考え行動する選手”を育てる指導法で、公立校を全国制覇に導いたボトムアップ理論"を全て解説

サンプル動画

【無料】動画のお申し込みはこちらから