TOP > コラム > 自分のプレーイメージと重ねてみる!香川真司のサッカーの見方

自分のプレーイメージと重ねてみる!香川真司のサッカーの見方

※サカイク転載記事(2014年10月28日掲載)※

みなさんはサッカーの試合を観ますか?ひと言にサッカー好きと言っても、観るのもプレーするのも好きという人がいれば、観ることは好きだけどプレーするのは好きではない、あるいはプレーするけど観ることは好きではない人もいます。これはプロサッカー選手にも当てはまります。数多くの試合を観て自身のプレーの参考にしたり、反省材料とする選手や、たまに観るけどそこまで意識はしていない選手などさまざま。

それは、どれも正解であり否定する必要はありません。たとえば、音楽家なら他人の音楽を訊く派と訊かない派、作家なら他人の記事や本を読む派、読まない派に分かれます。前者に関しては、積極的に外部の情報を取り入れることで、自分のパフォーマンスの向上を図る一方で、逆に影響を受けすぎて模倣となったり、独自性が失われるデメリットもあります。後者は独創性がある一方、基本スキルが欠ける可能性もあります。つまり、双方にメリット、デメリットがあるのです。

14273249467_b302a037ba_z.jpg

「観るからいい、観ないから駄目」ではなく、アプローチの手法や考え方が重要。その前提のうえで、今回はある一流選手の考え方に触れていきます。(取材・文/安藤隆人 写真/CARLOS KUBO

■オンとオフの切り替えこそ香川真司の魅力

香川真司。ヨーロッパのトップレベルで活躍する日本を代表するサッカー選手だ。彼を一言で表すなら『根っからのサッカー好き』。幼少のころからボールに触れあっていることが大好きで、筆者がFCみやぎバルセロナユースの取材ではじめて彼をみた時も、楽しそうにボールと遊んでいた。ところが試合や練習のときは表情が一変し、真剣な表情でボールと関わる。このオンとオフの切り替えこそが、彼の大きな魅力のひとつだ。 彼はサッカーを観ることにも、旺盛な好奇心と真剣さを持って臨む。昔からサッカーの試合はよく観ていた。その姿勢は、中学、高校時代だけでなく、プロに入ってからも変わらなかった。

17歳の若さでC大阪のトップチームに昇格した香川は、ヨーロッパサッカーを熱心に観ていた。ときにはチャンピオンズリーグの試合を「生放送でしっかりと観たい」と、日本時間の午前3時45分に起きてテレビの前で食い入るように見ていた。その姿はFCみやぎバルセロナのころの『サッカー大好き少年』のままだった。

■自分のプレーイメージと重ねる

彼のサッカーの見方は、非常にハイレベルだった。たとえば、彼が一番好きなバルセロナの試合。イニエスタやシャビなど自分のプレーの参考になる選手に対し、「ああ、シャビならこうするのか。たぶん自分だったらこうしていたな」と、自分のプレースタイル、ピッチ上での視野まで頭に入れながら観ている。もし、あの局面にシャビではなく自分が立っていたらなにをしていたか。あの選択肢は自分に合ったのか。もしなければ、自分はどうすればいいのか。自分の選択肢にはなかったプレーが成功したときには、「このイメージはなかった」と感嘆し、ときに自分のイメージが上回ることもある。この上回った瞬間が喜びとなる。

彼は試合を観るというより、一つひとつのプレーを自分のプレーイメージと重ねて分析していた。意識的にそうしていたのではなく、彼の純粋なサッカーへの愛情と強烈な向上心、真剣さがそのような姿勢を形作っていた。

この姿勢はドルトムントに移籍してからも同じだった。ときには自分のプレーした試合を観て、このポジショニングで合っていたのか、それともほかの選択肢があったのかを分析した。もし他にも選択肢があった場合、どうして自分はその選択肢を見いだせなかったのか。選択肢はもっていたけど、なぜ選択できなかったのか。プレーのレベルが上がるほど、分析のレベルも上がっていった。

おそらく、彼はいまも同じように自宅に帰ってはいろいろな試合を分析しているだろう。

■自己分析力の重要性

香川の姿勢を真似しろとは言わないし、真似したからといってうまくなるとはかぎらない。なぜなら、これらの見方は『自己分析力』がないと成り立たないのだから。

じつはサッカープレーヤーが娯楽以外でサッカーを観る時ときに、一番重要なのがこの自己分析力であり、自らをしっかりと理解していないと、自分がピッチにいることをイメージして観ることはできない。自分はどういうプレーヤーなのか。なにができてなにができないのか。

たとえば、身長の低い選手が長身FWのボールの置きどころをみて「おれもあそこにボールを置いてみよう」と実践してみてもすぐにボールを奪われてしまう可能性が高いし、股関節の柔らかい選手のドリブルを股関節の固い選手が真似してみてもうまくいかないだろう。自分にできないプレーを分析してイメージしたところで、自分のプレーには取り込めない。

自分の現在地と自分が目指すべき姿を理解し、その上で相対的にイメージする。これをベースに湧き上がってくる発見や感性を大事にすればいい。それこそが自らをステップアップさせるひとつの方法だ。

サッカーの見方は千差万別。娯楽ならば、楽しみながら観よう。自分のスキルアップ、ステップアップにしたいならば、自己分析力を磨こう。

香川真司に関しては「自己分析力がずば抜けて長けている」と言える。


【PR】
名門1. FC ケルンの元育成部長クラウス・パブストによるドイツ式育成法

modern.jpg

育成改革によりEURO2000の惨敗からたった10年で復活を遂げたドイツ。個の強さにテクニックと創造性を備え、全員が走ってパスをつなぐ最強の「モダンフットボール」へと進化しました。名門1. FC ケルンの育成部長も務め、多くのブンデスリーガを育てたクラウス・パブストがその最先端トレーニングを伝授。U-12指導者向け教材『モダンフットボール【MODERNER FUSSBALL】』
詳しくはこちら>>

自宅にいながら “プロの指導法が学べる” コーチのための会員制オンラインセミナー コーチユナイテッドアカデミー 充実した講師陣による多彩なセミナー

  • JFA技術委員長
    霜田 正浩 氏

  • 湘南ベルマーレ監督
    チョウ キジェ 氏

  • 大学全日本選抜監督
    神川 明彦 氏

  • アヤックス アナリスト
    白井 裕之 氏

動画1本 無料視聴キャンペーン!

「興味はあるけどいきなり入会は不安」「実際にどんな動画セミナーが受講できるのか見てみたい」,そんなあなたに 簡単なフォームからお申し込みいただくだけで,セミナー動画1本分を無料プレゼント!!

“自ら考え行動する選手”を育てる指導法で、公立校を全国制覇に導いたボトムアップ理論"を全て解説

サンプル動画

【無料】動画のお申し込みはこちらから