TOP > コラム > 攻守における8人制の特徴とは?11人制につなげるポイントとトレーニング

攻守における8人制の特徴とは?11人制につなげるポイントとトレーニング

8人制サッカーの指導時における課題解決、指導力の向上を目指し、「日本ミニフットボール協会」が「8人制サッカー指導者 資格取得プログラム」を開設した。COACH UNITED ACADEMY動画後編では、同協会の代表理事・櫛山匠氏による選手育成の考え方、トレーニングメニュー解説の一部をお届けしたい。(文・鈴木智之)

この内容を動画で詳しく見る

kushiyama01_01.png

<< 前回の記事を読む 

8人制サッカーは各選手に求められる要素が多い

櫛山氏はまず「8人制サッカーでは、ORではなくANDで考えることがポイントです」と話す。攻撃か守備か、マークかカバーリングかなどのORではなく、攻撃も守備も、マークもカバーリングもといったように、多くの要素を同時に考えながら行うことで、質の高いプレーにつながっていく。

「ピッチが11人制より小さくなり、人数が減ったことによって、各選手に求められる要素が増えました。例えば『自分のマークを見ながら、味方のカバーリングをする』『攻撃時にサポートのポジションをとりながら、守備のことも考える』など、ひとつのプレーをしながら、次の局面のことを考える必要性が高いのが、8人制の特徴のひとつです」

kushiyama01_02.png

ピッチが狭くなり、人数が少なくなったことで、ボールに関わる機会が増えるのは8人制の大きなメリットだ。加えて、攻守に関わり続けるための思考を鍛えることで、11人制になったときに、より良い判断、プレー選択ができる選手へと導いていく。

ここからは、攻守における8人制の特徴に話は移っていく。まずは攻撃から。8人制はピッチサイズが小さいので、DFラインの裏のスペースがそれほど広くはない。そのため、ゴール前に敵味方が入り乱れる場面が多くなりやすい。

「結果として、相手の背後を突く形でゴールを奪いにくくはなりましたが、ゴールまでの距離は近いので、シュートを打つ機会は増えたととらえられます。また、ピッチサイズが狭くなったことで、相手選手との距離も近くなりました。それにより、11人制以上に技術の質、ボールコントロールの能力が求められます」

一方の守備では、選手同士の距離が近くなったことで、ボールホルダーにチャレンジしやすくなった。さらにDFラインの裏のスペースも狭くなっているので、背後をそれほど気にすることなく、前へとチャレンジする守備もしやすくなったと言えるだろう。

jfa_grassroots_01-thumb-600x400-24306.jpg

このように、攻守における8人制の特徴を踏まえた上で、「この環境下で、どのように選手を育成していくか?」と筋道を立てて考えることがポイントになるという。

このプログラムでは、前編で内藤清志氏が語ったように、現代の子どもたちを取り巻く環境から始まり、サッカーの楽しさを理解させること。そして8人制の特徴を踏まえて、技術、戦術の指導をどのようにしていくかが、段階を経て提示されている。8人制の基礎知識が乏しくても、理解しやすい構成だ。

ジュニア年代で身につけたい力は「技術力」と「戦術的思考」

続いてのテーマは「ジュニア年代で身につけたい2つの力」。それが、技術力と戦術的思考(サッカーIQ)の習得だ。この2つは、11人制サッカーへと移行していく上で、基礎となるものだという。

kushiyama01_03.png

「技術力(テクニック)というと、ボールコントロール技術、ドリブルやパスなどに目が行きがちですが、シュートやヘディング、フェイント、ボール奪取なども技術と定義することができます」

それらの技術を、試合のどの局面で、どのように発揮すればいいのか。その考えの土台になるのが「戦術的思考(サッカーIQ)」だ。

戦術的思考は、3つの要素から成り立っている。1つ目が「オフの動き」。つまり、攻守において自分がボールを保持してない状況での動きである。このプログラムでは「頭のフライング」という表現を用いている。

「サッカーは陸上競技とは違い、ヨーイドンで競争するスポーツではありません。同じタイミングで動き出す必要はないので、足が遅くても判断のスピードやポジショニングなどで、相手を上回ることができます」

ishizu_column06-thumb-600x400-17314.jpg

戦術的思考の2つ目が「判断」。周囲の状況を認知してプレーを選択し、実行する。このプロセスを判断と呼んでいる。3つ目が「優位性」だ。これには数的優位、体制優位、位置的優位の3種類がある。

このように技術力と戦術的思考がかけ合わさり、"上手い"選手になる。それをこのプログラムでは「スピーディな(はやい)選手」と表現している。

「スピーディとは思考が速く、技術が速い。止めて、次のプレーに移行するのが速い。判断によって相手を見て、プレーを速く変えられる。それができるのが、上手い選手です」

COACH UNITED ACADEMY動画では、思考的、技術的にスピーディな選手を育成するためのトレーニングの考え方。具体的な練習メニューなどが紹介されている。

kushiyama01_04.png

有料セミナーで公開されていてもおかしくない内容が、月額動画内で見られるのは、COACH UNITED ACADEMYならではである。

動画の前後編を通じて、8人制サッカーの考え方を整理し、将来の11人制につなげる上で、ベースと実践を学ぶことができる内容になっている。指導経験の浅いジュニア年代の指導者、ワンランク上の指導を行いたい指導者には、必見の映像と言えるだろう。

最後に、櫛山氏のメッセージを紹介したい。

「8人制の指導で大切なのは、選手たちが楽しんでいること。そして選手たちの技術、戦術理解のレベルに適していることです。ぜひ指導する選手を見て判断し、日々のトレーニングに励んでください」

<< 前回の記事を読む 

この内容を動画で詳しく見る

【コーチユナイテッド会員限定】
「8人制サッカー指導者資格プログラム」の詳細はこちら>>

【講師】櫛山匠/
18歳からスポーツトレーナーとして身体の知識を習得し指導者としても活動をスタート。イングランドへ留学しFAライセンスを取得後、NIKE ELITE TRAINING、NIKE FCにて指導者として年間15,000人の中高生を指導。NIKE MOST WANTEDではスカウトも行った。
その他、世界トップレベルの指導者の通訳も行い豊富な知識を持ち、社会人チームにて監督をする。現在は、一般社団法人日本ミニフットボール協会にて代表理事として活動。