TOP > コラム > 若き才能が潰される要因はトレーニングの量にある【サッカーのピリオダイゼーション番外編】

若き才能が潰される要因はトレーニングの量にある【サッカーのピリオダイゼーション番外編】

※サカイク転載記事(2012年2月23日掲載)※

2回に渡って掲載し、大きな反響を呼んだ「サッカーのピリオダイゼーション理論」。サッカーコーチの視点から、サッカーのコンディショニングを分析したレイモンド氏の手法は、多くの人に新たな価値観をもたらしたと言えるでしょう。今回の番外編は、コンディショニングの観点から見た、サッカー界の現状についてお伝えします。(取材・文/鈴木智之 写真/サカイク編集部)

20150721_01.jpg

韓国代表をW杯ベスト4に導いたトレーニング理論【サッカーのピリオダイゼーション1】
練習の質を高めるにはサッカーの分析が重要【サッカーのピリオダイゼーション2】

■スピードや強度が上がれば、選手が耐えられる量・時間は減る

レイモンド氏は、サッカー界から若き才能が失われていることに、警鐘を鳴らします。

「多くの少年少女が、将来はプロのサッカー選手になりたいと夢を抱いています。しかし、コーチの間違った解釈で、夢を閉ざされるケースはとても多いのです。これは世界中で起きている、大きな問題です」

なぜ若き才能が潰されてしまうのか。その理由はトレーニングの量に関係があると、レイモンド氏は言います。

「ユースの選手がトップチームに上がると、どのような現象が起こると思いますか? それはプレー強度の増加です。ユースからトップヘ、レベルの高い環境に放り込まれることにより、時間とスペースが少ない中でトレーニングをする状況になります。つまり、ユースのときよりも、『強度が高い』状態でのトレーニングが続くのです。プレー強度は上がっているにも関わらず、トレーニングの量はユースのときと同じまま。ここに大きな問題があります」

ユースの選手がトップに上がったとき、プレーの強度が急激に上がるにもかかわらず、いままでと同じ時間、トレーニングをさせられます。「それこそがケガの原因となり、多くの才能が潰れる要因のひとつ」だと、レイモンド氏は指摘します。

「もし、あなたがスポーツジムへ行き、ランニングマシーンを使って、時速10kmで30分間走るとします。走り終えたあと、疲れてヘトヘトになっているでしょう。次の日、時速20kmで30分間、走れると思いますか? 時速10kmでも疲れてヘトヘトになっていたのに、倍のスピードで同じ時間、走るなんてとても無理です。そのようなことが、サッカーの現場では平然と行なわれているのです」

ランニングマシーンであれば、数値で表示されるので、トレーニングの強度は誰にでもわかります。しかし、それがサッカーとなるとそうもいきません。ユースの練習とトップの練習は強度が大きく違うのに、同じサッカーとしてくくられ、トレーニングの強度と量の関係は忘れられてしまいます。

「スピードや強度が上がると、それに耐えられる量・時間は減ります。それは誰でも理解できることです。つまり、ユースの選手がトップに上がったときには、強度が上がっているので、量を減らして調整することが必要なのです。たとえばユースで週に5回トレーニングしていたのであれば、トップに上がって強度が上がったことから考えると、週に4回程度にするなど、回数を減らさないといけないことが、ランニングマシーンの例でわかってもらえると思います」

選手の身体が強度の高いトレーニングに順応するに連れて、練習の回数を1週間に4回から4.5回、5回と段階を踏んで上げていきます。そして、最終的にはトップチームの他の選手と同じようにトレーニングするのが理想です。

20150721_02.jpg

■フィジカルの個人差を無視した不合理性が、選手をケガに導く

「トレーニングの強度が上がったら、その分、頻度(時間)は少なくする必要があります。ユースから上がってきた選手には、まずはトップチームの強度に慣れるための時間を与えることです。しかし、そのように段階的にトレーニングをしているチームはほとんどありません。トップに上がったばかりの選手であっても、『練習にすべて参加しなくてはいけない』という状況を作っています。だから疲労が溜り、パフォーマンスが下がり、ケガをしてしまうのです。なぜなら、突然高い負荷がかかる状況に追い込まれているからです」

フィジカル的に素質を持った選手は、突然、負荷が上がっても対応することができます。しかし、長い目で見ると疲労が溜り、それがケガなどの傷みとなって出てくるケースが多いと言います。

「そこで監督は『よく頑張ってトレーニングしたけれども、残念ながらトップチームでできるクオリティを持っていなかった』と判断するのです。でもそれは、選手のクオリティうんぬんではなく、コーチがコンディショニングやフィジカルを正しく理解していないから起こったことであり、選手ではなくコーチの責任によるところが大きいのです」

選手が成長過程にある育成年代においても、この指摘は重く受け止めるべきでしょう。選手のフィジカルのレベルには、個人差があります。それを考慮せず、強度が上がっても、全員が同じ頻度で同じ時間、トレーニングをする。その不合理性こそが、選手をケガへ導く可能性もあるのです。「選手をよくしたい」という一心でトレーニングを組み立てている指導者からすると、とても悲しい出来事です。

現時点で強度の高いトレーニングにすべて適応できなくても、時間をかけてフィジカルを高めていくことができれば、将来的にトップでプレーするクオリティを持った選手になれる可能性は十分にあります。とくに、成長にバラつきのある育成年代においては、選手の現状に合ったトレーニングをすることに目を向ける指導者が増えることを、願わずにはいられません。

■保護者のみなさんへ

また、保護者の観点からも、周りの選手と比較して「あの子はできているのに、なんでうちの子はできないの...」と、否定的になる必要はないのです。成長には個人差があるので、周りと比べてできた・できなかったではなく、「昨日と比べてできるようになったかどうか」という視点で見守ることが大切です。育成で重要なのは、周りと比較してできないからといってむやみに焦らないこと。これは指導者だけでなく、保護者も覚えておきたいことだと言えるでしょう。

20150721_03.jpg
レイモンド・フェルハイエン(Raymond Verheijen)
1999年にオランダ代表スタッフに抜擢されて以来、ヒディンクや、ライカールト、アドフォカート、ファン・ハールなどの名監督とともに、オランダ代表、韓国代表、ロシア代表、FCバルセロナなど世界各国さまざまなチームでサッカーのピリオダイゼーションを実践してきた。サッカーに特化したピリオダイゼーションの分野における先駆者である。

■「サッカーのテクニックトレーニング」セミナー 8月に富山で開催

ドイツサッカー協会に所属し、全育成世代のテクニックトレーニングの統括など、A代表チームのアドバイザーも務めているマルセル・ルーカセン氏が昨年に引き続き来日し、ワールドフットボールアカデミー・ジャパンと公益社団法人富山県サッカー協会の共催による「サッカーのテクニックトレーニング」セミナーが開催される。

昨夏の開催ではJリーグからアマチュアクラブまで、述べ100名の指導者が受講した人気セミナー。今回はベーシックコース(8月8日)のほかに日本初開催となるアドバンスコース(8月9日・10日)を新設。サッカーの中で活きる本当のテクニックを身に付けるためにはどのようなトレーニングを行なうべきか、より深く、より実践的に学ぶことができる。

▼詳細・お申し込みはコチラ【締め切りは7月31日(金)】
2015年度「サッカーのテクニックトレーニング」セミナー日本開催受付開始!>>

自宅にいながら “プロの指導法が学べる” コーチのための会員制オンラインセミナー コーチユナイテッドアカデミー 充実した講師陣による多彩なセミナー

  • JFA技術委員長
    霜田 正浩 氏

  • 湘南ベルマーレ監督
    チョウ キジェ 氏

  • 大学全日本選抜監督
    神川 明彦 氏

  • アヤックス アナリスト
    白井 裕之 氏

動画1本 無料視聴キャンペーン!

「興味はあるけどいきなり入会は不安」「実際にどんな動画セミナーが受講できるのか見てみたい」,そんなあなたに 簡単なフォームからお申し込みいただくだけで,セミナー動画1本分を無料プレゼント!!

“自ら考え行動する選手”を育てる指導法で、公立校を全国制覇に導いたボトムアップ理論"を全て解説

サンプル動画

【無料】動画のお申し込みはこちらから